MENU

腕時計の手首の位置は?ビジネスや冠婚葬祭でのマナーも確認しよう!

2019 1/27
腕時計の手首の位置は?ビジネスや冠婚葬祭でのマナーも確認しよう!

「腕時計は手首のどの位置につければ良いのだろう。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

あまり腕時計をつけない人や、いつもと違う腕時計をつける人は、位置で悩んでしまいますよね。

実は、腕時計をつける手首の位置に正解はありません!

しかし、場合によって無難な位置はあるので、知っておくべきです。

そこで今回は、腕時計をつける手首の位置についてをご紹介していきます。

腕時計の位置について知って、自分の手首のしっくりくるところに腕時計をつけましょう!

目次

腕時計は手首のどの位置につける?

腕時計は、手首のどの位置につけても問題ありません。

 腕時計はケースバイケースでつける位置を自分で決める ことができます。

ただし、一般的に多いのは利き手ではない手首につけるというものです。

そして、手首の中でも指より肘によった方向でしっくりくる場所を探します。

手首そのものというよりは、腕の位置につけたほうがずれにくいことが多いです。

手首につけると、人によっては骨にあたってしまって違和感があるかもしれません。

そのときは、腕の位置につけるか、手の甲寄りの位置につけるなどで調整するべきです。

ベルトの太さや材質にもよるので一概には言えませんが、細いベルトだと手の甲寄りの位置でつけることがよくあります。

なぜなら、ベルトが細いので、手の甲寄りにつけても手が動かしやすく、オシャレに見えるためです。

「男性と女性で腕時計をつける手首の位置に違いはあるのかな?」なんて、疑問に思った人もいるかもしれません。

ここで、男女それぞれの腕時計の位置を確認しておきます。

男性なら腕時計は手首のどの位置?

男性は、左手首の表側につけている人がほとんどだとされています。

手首の位置としては、 スーツのときにシャツから出るあたりの位置で調整している人が多い です。

男性向きの腕時計は表向きでデザインされていることや、時間が見やすいことなどが理由とされています。

ビジネスとプライベートで腕時計を使い分けない人は、毎日同じ位置につけていることも少なくありません。

女性なら腕時計は手首のどの位置?

女性は、左手首の内側につけていることがよくあります。

なぜなら、表側に腕時計をつけると、時間を確認するときに脇が開いてしまうためです。

そうなると、かわいい腕時計を身に着けていても女性らしさが失われてしまいます。

しかし、最近では女性でも表側に腕時計をつけている人は少なくありません。

手首の位置としては、 オシャレに文字盤を見せたいときは表側の手の甲側、ブレスレットのように見せたいときは内側の肘寄りの腕につける ことが多いです。

ちなみに、内側に腕時計をつけると和服を着たときに肌が和服の隙間から見えなくなるという効果もあります。

以上が、一般的な腕時計をつける手首の位置でした。

それでは、腕時計はどちらの手首につけるべきなのでしょうか。

腕時計はどちらの手首につける?

 腕時計は、利き手と逆の手首につけている人が多い です。

したがって、左手首につける人をよく見かけます。

腕時計自体、左手首につければ使いやすいように作られるのが基本です。

利き手と逆につければ、文字を書くときの邪魔にならなかったり、リユーズを操作しやすかったりというメリットが得られます。

日常生活を送るうえでも、利き手と逆の手につけておけば便利なので試してみてください。

しかし、街を歩いている人に注目すると、利き手につけている人もいますよね。

「たまに利き手につけている人がいるけれど、なんでだろう?」なんて、疑問に思った人もいるかもしれません。

その理由を見ておきましょう。

腕時計を利き手である右手につける意味は?

腕時計を利き手につける理由は、3つ考えられます。

・理由1.平和の象徴を示している
・理由2.隣の人の邪魔にならないようにしている
・理由3.ダイバーだから左手にはコンパスをつけている

いずれも、読めば納得できる理由です。

それぞれの理由について、簡単に見ておきます。

理由1.平和の象徴を示している

腕時計を右手につけることで、 平和というメッセージを発信している 場合があります。

戦時中、腕時計は銃を持っている利き手とは逆の腕につけていました。

それによって、スムーズに時間が確認できていたのです。

もしも利き手に腕時計をつけていると、銃を構えながら時間が見にくくなってしまいます。

そのような理由で、「戦う意思がない」ということを平和に結びつけて主張しているのです。

理由2.隣の人の邪魔にならないようにしている

 隣の人の邪魔にならないように、あえて右手首につけている 人もいます。

人の右側で行動することが多いなら、左手首に腕時計をつけていると頻繁にぶつけてしまう可能性が高いです。

そうなると、相手に迷惑がかかってしまいます。

また、頻繁にぶつけると腕時計自体にもダメージが大きいです。

それを避けるために、右手首につけている人もいます。

理由3.ダイバーだから左手にはコンパスをつけている

ダイバーだから 左手にコンパスをつけるために、腕時計は右手首になる 人もいます。

コンパスがついているので、手首を使い分けているのです。

このように、必然的に右手首につけざるを得ないケースもあります。

また、ダイバーズウォッチは文字盤が大きいので、リューズが手の甲に当たらないように右の手首につける人も少なくありません

以上が、腕時計をつける手首が左右どちらかという話でした。

ここからは、具体的にビジネスや冠婚葬祭、ファッションのときに腕時計をつける場合の位置について、確認していきましょう。

ビジネスで腕時計をつける場合の位置

ビジネスシーンでの腕時計は、手首の位置としては手の甲側が最適です。

具体的には、 シャツから覗くくらいの位置 にすればスムーズに時間を見ることができます。

肘寄りに腕時計をつけてしまうと、スーツやシャツをまくって時間を見なければなりません。

毎回のようにそのようなことをしていると、仕事仲間や取引先に嫌な印象を与えてしまいます。

したがって、シャツの袖口から腕時計が見える位置につけるようにしましょう。

冠婚葬祭で腕時計をつける場合の位置

 冠婚葬祭での腕時計は、文字盤が隠れるようにつけるのが良い とされています。

なぜなら、冠婚葬祭で時間を確認するのは失礼だと考えられているためです。

したがって、周囲の人たちに悪い印象を与えないように、事前に服で隠れる位置につけておきます。

腕時計が見える位置についていただけで、マナー違反とされるのはもったいないです。

ちなみに、腕時計を見るときには袖を少しだけ上げてスマートに確認するようにしてください。

女性で、服装によっては腕時計を隠せないこともあると思います。

そのときは、小さい腕時計を内側に向けてつけるか、腕時計を外して出席するべきです。

ファッションとして腕時計をつける場合の位置

 ファッションとして腕時計をつける場合の位置は、完全に自由 です。

自分にとって使いやすく、他人から見てもオシャレな位置につけると良いと考えられます。

腕時計はファッションアイテムとして重要な1つの要素です。

このように、腕時計をオシャレだと感じている人は多いです。

最近ではスマートフォンを持っているから腕時計はつけないという人もいますが、たまにつけてみると今よりもオシャレを楽しめます。

服の上からつけるのもアリ!

ファッションアイテムとして腕時計をつけるなら、服の上につけるという選択肢もあります。

 「長袖を着ていても腕時計をアピールしたい!」 という人にはピッタリです。

特に大きめな時計だと、しっくりくるファッションになりやすいとされています。

以上が、シーンに応じた腕時計をつける位置でした。

「つけてみたものの、腕時計がずれやすくて困っている。。」なんて、お悩みの人もいるかもしれません。

腕時計がずれるときは、手首のどの位置にするべきなのでしょうか。

腕時計がずれるときは手首のどの位置にするべき?

腕時計がずれるとき、手首の位置と腕時計のサイズ感がしっくりきていない可能性が高いです。

ずれやすいときは、手の甲側ではなく、 肘寄りの手首につけてみてください。 

手首につけるというよりは、腕にくっつけるイメージでつけるとずれにくくなります。

肘寄りにつけてもずり落ちてきてしまうなら、腕時計が重すぎるのかもしれません。

今よりも軽い腕時計を試してみると良いでしょう。

腕時計をつける手首の位置は、人によってさまざまなのです。

腕時計がしっくり来る手首の位置を見つけよう!

腕時計をつけるなら、 自分にとってしっくり来る手首の位置を見つける ようにしましょう。

そもそも腕時計をつけなれていないなら、それだけで違和感があるかもしれません。

数日間つけて出歩けば、自然と馴染んでくることが多いです。

違和感がなくなったら、他人からオシャレに見られる位置や、スマートに時間を確認できる位置を探してみてください。

日々それを意識しながら暮らしていけば、総合的な面であなたにとってしっくり来る手首の位置が見つかるはずです!

まとめ

腕時計は手首のどの位置につけても問題ありません。

ただし、ビジネスでつけるならシャツの袖から覗く程度の見えやすい位置にするなど、ポイントは存在しています。

状況に応じてのポイントを理解したうえで、自分にとってしっくりくる位置を見つけましょう!

目次
閉じる