MENU

彼女と別れたいサインとは?彼氏が別れたいと思うきっかけも紹介!

2020 5/06
彼女と別れたいサインとは?彼氏が別れたいと思うきっかけも紹介!

今までは彼氏と毎日連絡を取ったり頻繁に会ったりしていたのに、彼氏から来る連絡が減ったり、会うことを避けていたりするように感じることもあるでしょう。

このような場合には、「もしかしたら彼氏は別れたいと思っているのでは?」と不安になることもありますよね。しかし、それが本当に「彼氏が別れたいと思っているサイン」ではない可能性もあるのです。

そこで、ここでは男性が彼女と別れたいときに出すサインや彼女と別れたいと思うきっかけについてご紹介します。

彼氏の態度が冷たいと感じている人は、男性の本音を見抜くサインが出ているのかを見極めましょう。

目次

男性が彼女と別れたいときに出すサイン8選

以前は彼氏からたくさん連絡が来ていたり頻繁に会っていたりしたのに、急に態度が変わってしまったと感じることもあるのではないでしょうか。

彼氏の態度が冷たいと、「もしかして別れたいと思っているのでは」と不安になることがありますよね。

そこで、ここでは男性が彼女と別れたいときに出すサインについてご紹介します。

  1. 連絡をする頻度が減る
  2. 会わなくなる
  3. 相づちが適当になる
  4. ため息ばかりついている
  5. 批判的なことばかり言う
  6. 結婚願望がないと言う
  7. 態度が冷たくなる
  8. 一緒にいてもそっぽを向いている

それぞれについて、順番に見ていきましょう。

連絡をする頻度が減る

男性が彼女と別れたいときに出すサイン1つ目は、「連絡をする頻度が減る」です。

付き合いたての頃や、今までは毎日のように連絡を取っていたけれど、最近は連絡が来なくなったという人もいるのではないでしょうか。

男性は、彼女と別れたいと思っているときに連絡する頻度を減らす人が多いです。

しかし、LINEなどの返信が遅くなったり連絡する頻度が減ったりする場合は、彼女と別れたいと思っているのではなく、ただ仕事が忙しいということもあるでしょう。

そのため、返事が来ないからといって彼氏を責めてしまうとかえって逆効果になってしまう恐れがあるので注意する必要があります。まずは冷静に頻度が減っているかだけを確認してみてください

会わなくなる

男性が彼女と別れたいときに出すサイン2つ目は、「会わなくなる」です。

付き合う前でも、男性は気になる女性とすぐに会いたいと思う人が多いでしょう。

しかし、好きでなくなってしまったり、別れたいと思ったりした途端に会わなくなる人が多いです。

男性は、非常にわかりやすい態度をとる人が多いので、もしも彼氏と急に会わなくなった場合は彼女と別れたいと思っている可能性があるでしょう。

他にも、彼氏の予定を聞いても教えてくれなかったりごまかされたり、忙しいという言葉しか返ってこなかったりするとかなり危険かもしれません。他のサインも出ていれば、急いで対策をとる必要があります

相づちが適当になる

男性が彼女と別れたいときに出すサイン3つ目は、「相づちが適当になる」です。

彼女のことが好きだったときは、どんな内容の話でも彼女の話すことはすべて興味を持って聞けた人でも、気持ちが冷めてしまうとどうでもよくなってしまい、相づちも適当になってしまうことがあるでしょう。

彼女に対して好きという気持ちが無くなってしまった途端に、彼女の話に興味が持てなくなり、返事が「へー」「ふーん」しか言わなくなってしまうことがあります。

また、彼女と別れたいということだけ考えてしまっているので、彼女の話を全然聞いていないということもあるものです。

彼氏と話をしているときに、彼氏が明らかに聞いていなかったり、返事が適当だったりする場合は、彼氏は彼女と別れたいと思っている可能性が高いでしょう。彼氏の興味のある話題も振ってみて試せばよりわかりやすいです。

ため息ばかりついている

男性が彼女と別れたいときに出すサイン4つ目は、「ため息ばかりついている」です。

例えば、彼女と別れたいと思っているけれど、なかなか別れたいという気持ちを伝えることができないため、ため息ばかりついてしまっているということがあるでしょう。

彼女に別れを告げようと思っていても、情があるのではっきりと「別れたい」と伝えられないときに、思わずため息をついてしまって彼女に「別れたいと思っているんでしょ」と気づかれてしまったという人もいます。

彼女と一緒にいるときに、頻繁にため息をついている場合は彼女と別れたいと思っているのかもしれません。彼氏の行動を冷静に見てみてください。

批判的なことばかり言う

男性が彼女と別れたいときに出すサイン5つ目は、「批判的なことばかり言う」です。

付き合いたての頃など、彼女の髪型や服装に関してよく褒めてくれたという人も多いのではないでしょうか。しかし、彼女と別れたいと思っている男性は、彼女に対して妙に批判的になって、なんでも反論するようになる人もいるようです。

例えば、髪型を変えたり化粧を変えたりしたときに、彼氏に褒めて欲しくて報告しても「似合ってないと思う」「どこが変わったの?」などと、つっかかってくることがあるでしょう。

もし、自分の言動にいちいち批判的なことを言ったり、反論したりするようになった場合は、彼女と別れたいと思っているのかもしれません。

結婚願望がないと言う

男性が彼女と別れたいときに出すサイン6つ目は、「結婚願望がないと言う」です。

彼女が30歳前後になると、彼氏との結婚を意識する人も増えてくるのではないでしょうか。

しかし、彼氏から「結婚願望がない」と言われた場合は、彼女のことが好きではなくなってしまっていたり、彼女と別れたいと思っていたりする可能性があるでしょう。

中には、彼氏から「結婚願望がない」と言われて結局別れることになったのに、その後彼氏は他の女性とすぐに結婚したと言うパターンも多いです。

ある程度の年齢になった女性に対しての「結婚願望がない」はテイのいい別れ言葉として使う男性も珍しくありません

態度が冷たくなる

男性が彼女と別れたいときに出すサイン7つ目は、「態度が冷たくなる」です。

例えば、以前は自分と一緒にいるときはいつも笑顔で、たくさん話をしてくれたのに、今では返事が冷たい感じがしたり、話をしてくれなくなったという人もいるのではないでしょうか。

以前と比べて彼氏の態度が変わった場合は、もしかしたら倦怠期なだけかもしれません。

しかし、いつまでたっても一緒にいるときの返事が適当だったり、自分の話をしてくれなくなってしまった場合は、彼氏の気持ちは離れつつある可能性があるでしょう。

彼氏の態度が冷たくなったという兆候が出始めたら、どんな手を打っても手遅れという場合もありますが、早いうちに行動することで彼氏の心を取り戻すことができる可能性もあります。

彼氏と一緒にいて、態度が変わってしまったと感じる場合は注意が必要でしょう。

一緒にいてもそっぽを向いている

男性が彼女と別れたいときに出すサイン8つ目は、「一緒にいてもそっぽを向いている」です。

自分と一緒にいても彼氏がそっぽを向いていたり、話を始めても目を見てくれないと感じている人もいるのではないでしょうか。このような場合は、別れたいと思い始めたせいで目を合わせたいと思えなくなっている可能性があります。

もし、彼氏と一緒にいても自分を見てくれない、自分から話しかけても目を見てくれないという場合は、彼氏は彼女と別れたいと思っているのかもしれません。

ここまでは、男性が彼女と別れたいときに出すサインについてご紹介しました。次の項目では、男性が彼女と別れたいのに切り出さない心理についてご紹介します。

男性が彼女と別れたいのに切り出さない心理

彼氏が別れたいサインを出しているのに、なかなか別れを切り出してこないこともあるでしょう。

冷たい態度を取られたりあまり会っていなかったりするのに、彼氏から別れを告げられないと「なぜ別れを切り出さないのか」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここでは男性が彼女と別れたいのに切り出さない心理についてご紹介します。

  • 自分から別れを伝えることに罪悪感を感じる
  • 人として嫌いなわけではない
  • 別れたあとの生活に不安を覚えている
  • 周りの人に反対されるのが嫌である

男性が彼女に別れを切り出さないそれぞれの心理について、順番に見ていきましょう。

自分から別れを伝えることに罪悪感を感じる

好きになった同士で付き合ったとしても、お互いにすれ違いがあったり、価値観の違いが出てきたりすることがあるでしょう。

付き合っていく中で、彼女との「別れ」を意識することもあるはずですが、自分から別れを切り出すことに罪悪感を感じている男性も少なくありません。

例えば、「自分から別れを切り出すのは申し訳ない」「自分が悪いのだから」と感じているため、なかなか自分から彼女に別れを切り出せずにいるのでしょう。

付き合い始めて一緒にいる時間が長くなると、たくさんの2人の思い出があるはずです。一緒にいて楽しい思い出があったからこそ、罪悪感が出てしまうのです。

今の彼女に対して好きという感情がないとしても、過去の彼女との良い思い出があるので付き合い続けている男性もいるでしょう。

人として嫌いなわけではない

彼女と別れたいと思っていても、彼女のことを人として嫌いなわけではないので別れを切り出せないという人もいます。

長い間付き合ってきたカップルの場合は、ただお互いに好きという気持ちだけではなく、お互いに尊敬するようになり信頼関係ができていることがあるでしょう。

彼女として考えたときに好きではないと感じる場合でも、人として嫌いなわけではないので突き放すことができないという状況なのです。

別れたいと思っているけれど、友達として付き合っていきたいと思っている場合や、まだ関わりを持っていたいと思っているため、なかなか別れを切り出すことができなくなっています。

別れたあとの生活に不安を覚えている

彼女と別れたいと思っていても、実際に彼女と一緒にいると楽しいと感じているケースもあるでしょう。

彼女と「別れたい」という気持ちがあっても、彼女と一緒にいることで幸福感を感じている人は、「このまま彼女と別れたら今の幸せを手放すことになる」と不安な気持ちもあるはずです。

そのため、もし彼女と別れて彼女がいなくなってしまったときに、新しい生活を始める自信がなかったり、今以上の幸せを見つけられないのではないかと心配に思ってしまうことがあるのでしょう。

彼女と別れてしまったら、今よりも幸せではなくなってしまうことが怖いという思いから、なかなか彼女に別れを切り出せない男性もいます。

周りの人に反対されるのが嫌である

共通の友達がいたり、家族同士が知り合いだったりするカップルもいるでしょう。しかし、お互い共通の知り合いが多いカップルほど、別れにくい状況になっている場合もあるのではないでしょうか。

カップルとして友達や家族と関わってきて、付き合い始めた頃は祝福された人もいるでしょう。そんな関係だからこそ、なかなか「彼女と別れました」と言いにくいと感じることがあります。

例えば、男性が周りの人に「彼女と別れようと思っている」と相談しても、反対されたり、「あなたにも悪い部分があるのでは?」と言われることもあるでしょう。

反対されたり、自分にも非があるのではないかと思ったりすると、別れを切り出しにくいと感じることもありますよね。カップルとして関わっている人が多いほど、なかなか別れることができない場合が多いです。

ここまでは、男性が彼女と別れたいのに切り出さない心理についてご紹介しました。次の項目では、男性が彼女と別れたいと思うきっかけについてご紹介します。

男性が彼女と別れたいと思うきっかけ

彼氏の態度が以前よりも冷たくなったと感じる場合は、「彼氏は私と別れたいと思っているのか」と不安になりますよね。では、どのようなときに男性は彼女と別れたいと思うのでしょうか。

男性が彼女と別れたいと思うきっかけを知ることで、関係を改善することができるかもしれません。そこで、ここでは男性が彼女と別れたいと思うきっかけについてご紹介します。

  1. 彼女以外に好きな女性ができた
  2. 彼女の束縛に耐えられなくなった
  3. 彼女の欠点が目に付くようになった
  4. 彼女が浮気していると知ったとき

それぞれのきっかけについて、順番に見ていきましょう。

彼女以外に好きな女性ができた

彼女以外に好きな女性ができた場合に、彼女と別れて好きな女性と付き合いたいと考える男性は多いです。

例えば、彼女のことが好きではなくなってしまったり、関係が悪くなってしまったりして、そのことを他の女性に相談しているうちにその女性のことを好きになってしまったという場合が考えられるでしょう。

彼女がいるのに、彼女以外の女性と付き合うわけにもいかないので、「彼女と別れたい」と思うようになるのです。

しかし、彼女に対して「他に好きな人ができた」という理由で別れようとすることは気が引けてしまう人が多いため、なかなか別れを切り出せずにいることもあるでしょう。

彼女の束縛に耐えられなくなった

付き合い始めたときは、毎日楽しく一緒に過ごしていたけれど、長く付き合っているうちに彼女の束縛に耐えられなくなったという場合もあるのではないでしょうか。

男性は束縛を嫌がる人が多いです。そのため、最初は良いと思っていても、長く付き合っているとだんだんと束縛が嫌になることもあるでしょう。

例えば、週末は必ずデートをするというルールを決められて、最初は好きな人と付き合えたことが嬉しくて盛り上がっていたけれど、落ち着いてくると「友達とも会いたい」「休みの日はゆっくりしたい」と思う日が増えてきたということもあるはずです。

束縛しすぎると、彼氏はうんざりしてしまうことがあるので注意が必要です。

彼女の欠点が目に付くようになった

「恋は盲目」という言葉があるように、彼女と付き合い始めた頃は彼女のどんな部分も可愛らしく思えることがあるでしょう。

しかし、最初は気にならなかった彼女の欠点がだんだん目につき始めるようになることがあるのです。

彼女の欠点が気になるようになってしまい、彼女に対する気持ちが冷めてきてしまうと、より彼女の欠点ばかり目につくようになることもあります。

例えば、最初は面倒見が良いと思っていた彼女が、実際に付き合ってみると会うたびに説教をされるのでうんざりしてしまうということもあるのです。

彼女が浮気していると知ったとき

彼女が浮気していると知ったときに、彼女と別れたいと思う人が多いです。

何気ないことがきっかけで彼女が浮気していることを知ってしまい、それ以来彼女に対する好きという気持ちがなくなってしまうということは珍しくありません。

また、浮気をした彼女から「あなたのせい」と言われたり、往生際の悪い態度をとられたりすると、余計に別れたいという気持ちは強くなるはずです。

浮気をしている時点でアウトですが、浮気がバレてしまったときの対応もポイントとなるでしょう。

ここまでは、男性が彼女と別れたいと思うきっかけについてご紹介しました。次に、別れたいサインを感じる彼との別れを回避する方法についてご紹介します。

別れたいサインを感じる彼との別れを回避する3つの方法

彼氏が別れたいサインを感じる場合は、できることなら彼と別れたくないと思う人が多いでしょう。別れたいサインを感じる彼と、別れないようにする方法は以下の3つです。

  1. 冷却期間を置く
  2. デートプランを考えて彼が癒される時間を作る
  3. 一緒にいるだけで落ち着くとアピールする

彼との別れを回避する方法について、順番に見ていきましょう。

冷却期間を置く

彼氏からの連絡が減っていたり会う頻度が少なくなっていたりすると、彼氏は別れたいと思っているのではないかと不安になることもあるでしょう。

そこで、不安だからといってLINEなどの返事を催促したり、次に会える日をしつこく聞いたりすることはやめましょう。

しつこく連絡せずにしばらく冷却期間を置くことが大切です。男性は、狩猟本能があるので、「追われるよりも追いかけたい」と思う人が多いのです。そのため、しつこく連絡をしてくる女性に対して冷めてしまう人がいます。

そこで、自分から連絡をするのではなく、彼氏からの連絡を待ってみましょう。いつも一緒にいたあなたの存在に気づくきっかけになることがあります。

冷却期間は、1ヶ月以上は置いてみると良いです。

デートプランを考えて彼が癒される時間を作る

彼氏とのデートの際に、いつも彼氏がデートプランを考えてくれている場合は、自分でデートプランを考えてみることもおすすめです。

例えば、彼氏が興味のあるものや好きなことなどを盛り込んだデートプランを考えると良いでしょう。彼氏が楽しんでくれるようなおもてなしをして、彼氏が癒される時間を作ります。

男性は、自分を楽しませようとして頑張っている女性に対して嬉しい気持ちになる人が多いです。そこで、彼氏が興味を持っているものや好きなことなどをリサーチしてみると良いでしょう。

一緒にいるだけで落ち着くとアピールする

彼氏と一緒にいると、「あれをしたい!」「これもしたい!」と思ってしまうこともありますよね。

しかし、彼氏から別れたいサインを感じる場合は、自分のやりたいことや行きたい場所があっても封印して、一緒にいるだけで落ち着くとアピールしてみましょう

男性が彼女に対して気持ちが冷めかけているときや、別れたいと思っているときに「どこに行きたい!」「あれが食べたい!」などとたくさん言われてしまうと、わがままに聞こえてしまいます。

そのため、自分本位の発言は控えて、「あなたといたら何もしなくても楽しい」「一緒にいるだけで落ち着く」と伝えると良いでしょう。

男性は、彼女から笑顔で「一緒にいると落ち着く」とアピールされると、嬉しい気持ちになって「彼女と別れたいと思っていたけれど、少し考えてみようかな」と思ってくれるきっかけになるかもしれません。

以上、別れたいサインを感じる彼との別れを回避する3つの方法についてご紹介しました。上手く実践して、彼との関係を取り戻しましょう。

まとめ

男性が彼女と別れたいと思っているときは、連絡しても返事がなかったり、会っても態度が冷たかったりすることが多いです。

しかし、彼氏の別れたいサインを感じたときに、焦ってしつこくしても逆効果になってしまうことがあります。

そのため、連絡がなくても催促するのではなく、冷却期間を設けてみると良いでしょう。他にも彼との関係を取り戻す方法をご紹介したので、ぜひ実践してください。

目次
閉じる