MENU

モテたい男性必見!女性に好かれる完全マニュアル

2018 7/13
モテたい男性必見!女性に好かれる完全マニュアル

「モテたい!!」なんて、お悩みではありませんか?

自分と同じように暮らしているのになぜかやたらとモテている人や、そもそもモテるスペックを持って生まれてきたような人が身近にいると悔しいですよね。

「なんであいつばっかりモテるんだろう。。」と、思うこともあると思います。

しかし、諦めるのはまだ早いのでちょっと待ってください!

実は、努力次第ではモテたい男性がモテる男性に変わることができるんです。

今回は、モテたい男性がするべき努力について、徹底的に解説していきます。

できることから少しずつでも努力を始めて、「モテたい」という悩みから、「モテすぎて困る」という悩みに変えましょう!

目次

モテたい男性は努力すればモテるようになる?

モテたいなら努力すべき

モテたい男性がするべき努力には、さまざまなものがあります。

なぜなら、女性が男性を良いと思うポイントはたくさんあるためです。

したがって、自分のできる範囲で、女性に良いと思ってもらうポイントを増やせばモテるということになります。

例えば、「顔に自信がないからどうせモテない。。」なんて、思っていたとしても諦める必要はありません。

「イケメンじゃない方が安心して一緒にいられる!」という女性も存在しています。

このように、自分のスペックを悲観しすぎる必要はないのです。

モテる男性がみんな生まれながらにモテているというわけではありません。

ここからご紹介していくポイントを理解して、モテる男性に変わっていきましょう!

モテたいなら体型に気を使おう!

モテたいなら体型から

モテたいと思ったときに、まず確認するべきことは自分の体型です。

体型は努力次第で顔よりも変えやすいうえに、相手に与える印象も大きいので意識しておきましょう。

女性によって好みの体型はさまざまですが、どんな女性にも不快感を与えない体型は存在しています。

それは、いわゆる『細マッチョ』です。

細く引き締まった身体を見て、「この男性はちょっと苦手。。」と思う女性はまずいないと言えます。

したがって、モテたいと思ったなら細マッチョを目指すか、細マッチョを維持するようにしてください。

細マッチョは努力次第では誰でも実現させることができます。

「モテる体型についてもっと知りたい!」という人は、『モテる体型に男性がなる方法!女ウケはボクサー細マッチョ?』や『女性にモテる男の体型とは?筋トレ方法や効果的なサプリも紹介!』を読んでみてください。

モテたいなら体重はどれくらいがベスト?

モテるために体型を整えるには、体重も気にしておくべきです。

体重はわかりやすい数値なので、努力が反映されているかわかりやすいと考えられます。

ベストな体重は、大まかには以下のようになっているので参考にしてください。

  • 165cm → 58kg
  • 170cm → 62kg
  • 175cm → 66kg
  • 180cm → 69kg

目安としてはだいたいこれくらいの体重であれば、女性に嫌がられることは少ないです。

これよりも重たいという場合は、痩せることを考えてみましょう。

ちなみに、モテる身長については、『女性にモテる男の身長ランキングTOP3!低身長でもモテる4つの方法も紹介』で詳しく解説しています。

モテたいから痩せたい!そんなときは?

「痩せたい!」と思ったなら、毎日の食生活や運動量を考えなおしてみてください。

短期的に一気に痩せたいと思うかもしれませんが、長期的にずっとモテ続けることを考えるなら日々の心がけが大切です。

例えば、炭水化物を今までより少し減らして野菜を多く食べることや、いつもの通勤や通学で1駅分だけでも歩くことなどの努力が考えられます。

始めたうちはしんどいかもしれませんが、慣れると当たり前に行えるようになってくるものです。

すぐに結果が出なくても諦めずに、コツコツ続けていきましょう。

「モテる体重についてもっと知りたい!」という人は、『モテる体重は男性なら何kg?女性に好まれる数値を解説!』を読んでみてください。

モテたい男性は筋トレをするべき

モテたいなら、細マッチョになるべきだとお伝えしましたが、痩せるだけではなく筋トレも行うべきです。

筋トレと言っても、ジムに毎日通ってハードなトレーニングを行う必要はありません。

自宅でできる筋トレもたくさんあるので、続けやすいものを習慣にしていってください。

筋トレをするメリットは、筋肉がつくだけではなく、精神的にもポジティブになることができます。

毎日トレーニングをしているということが自信にも繋がるので、ぜひとも筋トレはしておきましょう。

以上が、モテたい人が知っておくべき体型についてです。

しかし、「頑張って細マッチョになってもダサかったら意味がない。。」と、思った人もいると思います。

ここからは、モテるためのファッションや髪型も確認していきましょう。

モテたいならファッションや髪型も大切!

モテたいときのファッションや髪型

ファッションや髪型も女性に与える印象が大きいので大切です。

学生であれば学校に行くときは常にファッションや髪型が見られています。

また、社会人であっても、実際に女性と会ってデートをするときに毎回スーツで行くことはできません。

そもそも、スーツもうまく着こなせていなければ悪い印象を与えてしまいます。

ファッションや髪型について、モテたい男性が意識するべきポイントを見ておきましょう。

モテたい男性のファッションは?

男性に求めるファッションは、女性によって異なるので一概には言えません。

しかし、自分の身体にピッタリのサイズを選ぶことは常に心がけてください。

また、上から下まで同じ色で揃えてしまうのも、避けておいた方が無難です。

ありがちな失敗例として、全身真っ黒にしてしまうというものがあります。

オシャレな人があえて行うならかっこいい場合もありますが、オシャレ初心者は避けたほうが良いです。

「どうしてもファッションはわからない」というときは、シャツにデニムなどシンプルな服装を心がけてください。

モテている人のファッションを参考にしてみるのも良いでしょう。

モテたい男性の髪型は?

女性にモテたいのであれば、奇抜な髪型は避けるようにしてください。

特にこだわりがないのであれば、清潔感のあるショートヘアにしておけば無難です。

例えば、爽やかなツーブロックであればどのようなシーンでも嫌がられることはないと言えます。

美容師さんに相談するときには、とにかく清潔感が欲しいことは伝えるようにしましょう。

もっと髪型について詳しく知りたいなら、『モテるメンズの髪型は?おすすめワックスや美容室での伝え方も紹介!』が参考になります。

モテたいなら年齢に応じた努力をしよう!

「年齢によってモテる男は変わってくる気がする。。」なんて、思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、それは正しいです!

年齢によって特に行うべき努力は変わってくるので、自分の年齢でするべき努力を確認しておきましょう。

モテたい小学生男子の場合

モテたい小学生男子の場合に行うべき努力は、以下のようなものです。

  • スポーツを一生懸命に頑張る
  • 声は大きく元気に話す
  • 恥ずかしがらずに女子に優しくする
  • 友達をたくさん作る
  • 片付けはしっかりする
  • 忘れ物をしない
  • 嘘をつかない

これらのことをすべて行えている小学生男子は、なかなかいません。

しかし、頑張ればできることばかりなので意識してみてください。

モテたい中学生男子の場合

モテたい中学生男子の場合に行うべき努力は、以下のようなものです。

  • 女子に対して特別扱いせず普通に接する
  • 勉強を一生懸命に頑張る
  • 清潔感を保つ
  • 友達をたくさん作る
  • 大声ではしゃぎすぎない
  • 姿勢を良くする

中学生男子がモテるポイントは小学生の頃と異なっているので気をつけてください。

できることから少しずつ意識してみましょう。

モテたい高校生男子の場合

モテたい高校生男子の場合に行うべき努力は、以下のようなものです。

  • 髪型や制服の着こなしにこだわる
  • 清潔感を保つ
  • 勉強を一生懸命に頑張る
  • スポーツを見せる機会があるなら活躍する
  • 年齢相応か大人らしい会話をする
  • 女子にしっかり優しくする
  • 聞き上手になる

高校生になったら、女子も男子も大人に近づいてきています。

したがって、女子を女性として扱ってあげることも重要となるのです。

もっと詳しく知りたいなら、『モテたい高校生が意識するべき5つのことを知ってモテよう!』を読んでみてください。

モテたい大学生男子の場合

モテたい大学生男子の場合に行うべき努力は、以下のようなものです。

  • 服装や髪型にこだわる
  • アルバイトを頑張っている
  • ちょっとしたデート代なら多めに出してあげる
  • 女子にしっかり優しくする
  • 自信のあるオーラを身につける
  • 友達を多く作りながらも一人でも過ごせるようにする
  • 連絡はマメにする
  • イケてる遊びや趣味を始める

大学生は、今まで以上に金銭的な面や時間的な面で自由が増えます。

したがって、モテるための努力はやりやすくなるので頑張りましょう。

モテたい社会人の場合

モテたい社会人の場合に行うべき努力は、以下のようなものです。

  • 仕事をしっかり頑張る
  • 経済や政治について知識を持つが、ひけらかさない
  • 女遊びやギャンブルをしているイメージを持たれないようにする
  • スーツをオシャレに着こなす
  • 女ウケするお店をたくさん知っておく
  • 女性の話をていねいに聞いてあげる
  • 時計などわかりやすいものにお金をかける

社会人がモテるためには、お金が今まで以上に必要となってきます。

仕事ができる社会人自体もモテるので、お金を稼ぐためにも仕事を頑張りましょう。

結婚してもモテたい場合

「結婚してもモテたいけれど、難しいのかな?」なんて、思っている人もいると思います。

しかし、既婚者の方が安心感があって落ち着くと感じる女性も少なくありません。

また、人のものを欲しがるというのは人間のよくある性質です。

したがって、結婚してもモテ続けることはできるので頑張ってみましょう。

モテたいなら高収入になろう!

モテたいなら高収入

「モテたいけれど、そのためのお金がない。。」なんて、お悩みの人もいるはずです。

モテるための自分磨きや女性とのデート代など、お金はいくらあっても足りないと思います。

しかし、お金がない状況でモテるのは、現状でモテていない男性にはハードルが高いのでまずはお金を稼ぐべきです。

高収入になるためには、そもそもの職業を給料が良いものにするか、副業を始めるか、という方法が考えられます。

モテたい人が目指すべき職業

モテたい人が目指すべき職業は、以下のようなものです。

  • 公務員
  • 医師
  • 弁護士や税理士などの士業
  • 商社マンや金融マン
  • 大手企業勤務者
  • 消防士

他にもさまざまなものがありますが、以上のような職業で女性に嫌がられるということはほとんどありません。

モテたいなら、資格を取って士業を目指したり、商社や金融関係の企業に勤めるのは良い手段です。

また、大手企業に勤めていると言うだけで好印象を持ってくれる女性は多いので、今よりも規模の大きい会社や有名な会社に転職するのも良いでしょう。

モテる職業についてもっと知りたいなら、『モテる職業ランキングBEST10!女性ウケする仕事は?』が参考になります。

モテたいなら副業で収入を増やすのもアリ!

「今の仕事は気に入っているからすぐに転職はできない。。」という人は、副業で収入を増やすのも良いです。

最近は副業が解禁されていく流れなので、仕事終わりに少しでも副収入を得られると金銭的にも余裕が出てきます。

在宅でできる副業も少なくはないので、時間に余裕があるなら副業を始めてみましょう。

モテたいなら趣味にも気を使おう!

モテたいなら趣味も意識

「見た目や収入に問題がないのにモテない。。」なんて、思っている人もいるのではないでしょうか?

その場合、女性ウケしない趣味に励んでしまっているかもしれません。

以下のような女性ウケする趣味も増やすことで、印象を良くすることができます。

  • 料理
  • 読書
  • 球技系のメジャーなスポーツ
  • ドライブ
  • 旅行
  • 音楽鑑賞
  • スポーツ観戦
  • 食べ歩き

逆に、風俗などの女遊びやギャンブルはウケが悪いので、言わない方が無難です。

今ある趣味を無理にやめる必要はありませんが、好印象を与えやすい趣味も増やしてみましょう。

モテたいなら出会いの場を広げよう!

モテたいときの出会い

ここまでのポイントはバッチリなのにモテていないという場合は、そもそも出会いがない環境にいるのかもしれません。

モテたいなら、出会いの場をどんどん広げていくのが良いでしょう。

出会いを探すときに注意するべきことは、できるだけ広い範囲で相手を探すことです。

つまり、同僚の友人を紹介してもらって2人で会うよりも、友人に合コンをセッティングしてもらって複数人で会う方がトラブルになりにくいと考えられます。

紹介してもらった相手が必ずしも好みであったり相性があったりするとは限らないことに注意してください。

最近ではマッチングアプリや出会い系サイトで相手を探す人は、男性にも女性にも多いです。

したがって、まずはそのような手段で関わる相手を増やしていくことが良いでしょう。

もっと出会うための方法を知りたいなら、『出会いがないときに行うべきことは?5つの出会う方法を解説』が参考になるはずです。

まとめ

モテたい男性は、努力するポイントを間違えなければ徐々にモテるようになっていくものです。

生まれながらモテるかモテないかが決まっているわけではないので安心してください。

モテる努力を始めてもすぐに結果が出るとは限りませんが、努力は実を結びます。

1つずつ、できることから着実に頑張っていきましょう!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる